電話がとても憂鬱でした

電話がとても憂鬱でした

小学校の頃から、どもりで苦労してます。詳しく知りたいならどもり 原因で調べましょう
とくに電話で話すとダメなんです。相手にわかりやすく、聞こえやすく話さなくてはと思えば思うほど緊張して、どもりがひどくなります。息を吸い込んだように、止まってしまう言葉。相手が困惑しているのもわかるのです。なので更にどもりがひどくなります。事務員として就職が決まった時に、一番に気がかりだったのが電話対応でした。私のどもりのせいで、会社に迷惑をかけたらどうしようという気持ちでいっぱいでした。恥ずかしいという気持ちでいっぱいでしたが、私は上司に自分のどもりについて思い切って打ち明けました。そしてその上司の言葉に救われました。普段話していると全然、どもっているっていうのがわからないくらいだよと言われました。その一言で気持ちが軽くなった私は、どもってもいいからまずは丁寧に対応しようと心がけました。あまりに緊張すると、どもりが出てしまうときは、先輩や同僚にお願いし電話を変わってもらうこともありました。今でもやはり緊張しすぎると電話でのどもりは出てしまいますが、色んな方の助けでなんとかやっていけています。子供の頃はどもりのことで結構バカにされたので、なるべく話さない様にしようした時期もありました。いい上司、先輩、同僚に私は恵まれて本当に良かったと思います。困ったときはどもり 原因で検索!